忍者ブログ
サイトのSEO対策。その他色々

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浅く


階層はやはり浅い方が検索結果の上位に表示される確率は格段に上がります。サイトが大掛かりになってくると、階層は自然と深くなっていってしまいますので、できるだけシンプルを心がけて、階層を浅くしたコンテンツを作成します。浅い階層のページのURLは上位の方に表示されている傾向があります。できれば、どのページに行くにも2クリック以内に飛べる構造のコンテンツが理想なのです。
どのページからも、目的のページへ2クリック以内に飛べるように構造を最適化すればいいのです。検索エンジンからしてみれば、ユーザーのためになる情報さえ提供しているコンテンツならば評価は高くなりますが、ユーザーからしてみれば、いつまでも目的のページに辿り着けないのはイライライします。

外部リンク
SEM

弁当販売サイト、愛知県
弁当 愛知

シャッター交換販売サイト、豊橋
シャッター 豊橋

塾(フランチャイズ)サイト
塾 フランチャイズ

羽毛布団のセット販売サイト
羽毛布団 セット

金山のマッサージ屋さんHP
金山 マッサージ

2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
「1URLを1つのキーワードで対策」と「1URLを複数のキーワードで対策」。前者は順位維持し易い
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
PR